タオルの寿命が過ぎるとタオル本来の機能が大きく低下する

・タオルの寿命とちょっとした工夫とは?
タオルを長く利用する為の方法は、正しいお手入れをすることが大切。「そんなこと分かっている!」という方もいるかもしれませんが、本当に正しい洗濯方法によって更に寿命を引き伸ばすことが出来ます。
また洗い方だけではなく「乾燥=干し方」によっても大きく異なります。
知らない人もいるかもしれませんが、実際に日本にはタオルソムリエという専門家がいますが、その人たちも同様に「洗い方」「干し方」が特に大切だということを発言しています。
まずは「洗濯方法」「干し方」が大切だということを理解しておきましょう。

・具体的なタオルの正しいお手入れ方法とは?
まずタオルの繊維をなるべく傷つけない為には洗濯が重要になります。その中でもたっぷりの水でなるべく洗濯物を詰め込みすぎないで洗うことが推奨されています。

また洗濯物を詰め込みすぎていると、タオルが臭くなる原因の皮脂汚れなどが落としきれない可能性が高まり、雑菌やカビが発生しやすくなるので気をつけましょう。

・タオルの正しい干し方
実際に正しい干し方というのも存在します。単純に洗ったものをそのまま干すということではなく、タオルをもってパンパンと上下に振ることで繊維の向きを整えることが出来ます。
これによって空気を良く含むようになり、乾いた際ふんわりとしたやわらかさが増します。
天日干しの場合は繊維が傷みやすい傾向にあるので、風通しの良い場所で陰干しをすることも推奨されています。