タオルの正しいお手入れ方法って本当に知ってますか?

・タオルの正しいお手入れ方法とは?
タオルの機能を長持ちさせるには4つの大切な方法があります。これを守りながら利用することでタオルを更に快適に使い続けることが出来ます。

1…タオルのお手入れは「タオルの種類」によってお手入れを変える
タオルの種類(繊維)によってお手入れ方法をきちんと行うことが大切です。

2.…洗濯する際は洗剤量に注意する
洗濯する際の洗剤量は多すぎないように気をつけましょう。多すぎても逆効果になります。適度な量か若干少ない方が、エコであり、最適な洗濯をすることが出来ます。

3…干す前は必ずパタパタとタオルを一度ほぐす
タオルを干す前に軽くパタパタとはたいておくと、繊維の方向が整うことによってふんわりとした仕上がりになります。
また干す際は陰干しをすることも良いといわれていますが、たっぷりの太陽光で天日干しをすることがオススメです。
ただし、タオルを干す際は「太陽光」よりも、風通しが良い場所がポイントです。
たっぷりの風を含むことでよりふんわりとした状態になるので覚えておきましょう。

4…毎日のケアを大切にしよう
毎日タオルを使っていくとタオルの繊維が抜けやすくなったり、ぼろぼろになったりしますが、そのたびにその部分を切ったりしておくと他の部分が抜けることを少し防いでくれます。
放置しておくと、その部分が他の部分と触れ合ったときにより抜けやすくなるので注意しましょう。

こういったようにタオルをお手入れすることがタオルの機能を損ねることなく長く利用することが出来る方法です。