タオルの重さと軽さの違いとは?機能性をチェック!

・タオルの重さと軽さについて
タオルに厚みがあるのは、繊維の量が多いということになります。また別の言い方をすると重いタオルということになります。
繊維の量が多い=厚みがあるタオルはそれだけ機能性が高く、吸収性に優れています。
逆に厚みが無いタオル=繊維の量が少ないということなので、必然的に吸収性は劣ってしまいます(分厚いタオルと比較した際)
このように、タオルは繊維の量(重さ)によって吸収性に違いがあります。

・タオルの肌触りについて
タオルの肌触りを決めているのは繊維の量もそうですが、素材によっても違います。
繊維の量が多い=分厚いタオルとなり、分厚いタオルはふわふわとしていることが特徴です。
タオルの肌触りは「綿」の油分とろう分によって変化していきます。この2つによって滑らかさであったり、触り心地が変わるのでとても重要なポイントとなります。

・機能性で選ぶなら使う環境を考える
タオルの利用は人によって様々です。薄いタオルから分厚いタオルまで、現在非常に多くのタオルがあります。
どれを利用する際も、使う状況によって細かく変えることが大切です。

・タオルによってお手入れ方法も違う
タオルによってお手入れの方法も若干違うので、使用する際は細かくチェックしておきましょう。正しいお手入れはタオルの耐久性を高め、更に長く愛用することが出来ます。
洗剤の量、干し方、水温などについてもチェックしておくと、タオルの機能を損ねにくくなります。